住友 康人BLOGひっそりと生きています♪
すこしずつ頑張ります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
熊本城 12:00

日本三名城のひとつ。


又の名を「銀杏城」と云う。


世が世なら、ほんの一握りの特権階級しか出入りできなかった場所。


だけど、今ならたったのワンコインで一般ピープルも入れちゃう。


鯱鉾ってかっこいい。


今回の旅も、やっぱり行ってよかった☆

Viva!
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やたろー -
阿蘇山 12:00

来ました阿蘇山。
釈迦の寝半像に喩えられる、
「根子岳」「高岳」「中岳」「烏帽子岳」「杵島岳」という五岳山の総称です。


左のギザギザしてるヤツが「根子岳」。


阿蘇は世界一大きなカルデラなんだ。


仙酔峡から馬鹿尾根を登る。


偶然居合わせた地元の方と登る。
親父とひとつしか歳が違わないけど、逞しい登り。
昔はリウマチに苦しんだって言ってたけど。


そして俺と同い年の息子さんは二十歳で交通事故に遭い、亡くなったそうな。


僭越ながら、今日は俺が息子さんになります。


こんなマグマの溶岩でできた殺伐とした山なのに、生き物たちの息づかいが感じられる。


吹き荒れる風の中で、彼らの足跡をみつける度にじんわりとなんとも言えない嬉しさが込み上げた。


ふたりで「天狗の舞台」の陰に行って、風を除けながら昼ごはん。


山は、人をより一層おしゃべりにさせる。


それはたぶん、剥き出しの自然が人と人との距離を近づけてくれるからだろう。


氷柱ですら頑張って生きているように見える。


俺なんかよりよっぽど逞しい。


いつか今度来たときは、あの月見小屋に泊まってみよっと。






退避壕がいくつもあった。


中岳はいまも活きている。




お父さんに出会えてよかった。
またいつか、阿蘇山をふたりで登ろう。
| | comments(2) | trackbacks(0) | posted by やたろー -
大船山 12:00
3時半起床。
短い時間だけど、深い眠りでばっちり回復。


バンガローを訪ねてみると、みんなは熟睡中…。
アイゼンを履いて大船山の山頂を単独で目指す。


暗闇が薄っすらと明るくなってきた。
後ろを振り返ると、ふたつのヘッドライトの灯りがこっちを目指して登ってきてる。


秋に綺麗なピンクの花を咲かせてたミヤマキリシマにも、立派な「エビの尻尾」ができてた。


山頂はもうすぐそこ。


無事、登頂☆
今年も天候不良で御来光は拝めず。
だけどその場にいた人たちと新年の慶びを分かち合えた。


御池もスケートリンクになってる。


山頂からの眺めは最高♪


雪で白い珊瑚礁みたいになってる。


この岩が結構お気に入り。


下山途中の尾根で、ようやく太陽の光が差した。

大船山、いい山だなぁ。
| | comments(3) | trackbacks(0) | posted by やたろー -
坊ガツル 12:00
お昼に長者原で登山仲間と合流したら、坊ガツルまでをてくてく歩く。


今晩はここにテントを張って大晦日を過ごします。


空気が澄んでて空がきれい☆


散歩してたら写真を撮ってるおじさんに出会った。


スウェーデンのレトロなカメラ。
ファインダーには左右が逆さに映ってる。


明日はあのとんがった先っぽに立つんだ。


法華院温泉で今年一年の疲れを流して、2013年を気持ちよく迎えよう☆


陽が沈んでくると、絵本みたいな景色になった。


仲間が借りたバンガローにおじゃまして、


それぞれ晩ごはん&年越し蕎麦。


ムジカでもらったベーコンもみんなで食べた。
めでたく無事に年越ししたら、テントに戻って暖かくして寝る。
就寝1時。
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やたろー -
高知城 17:59
そうだ!
高知に行こう☆

最近、お城巡りが多いけど…

別にお城マニアではありません。。。

だけど、風水とか関係あるのかわからないけど…

お城の周りって、なんだか気持ちがいいよね♪

美しくて、

気持ちがいい。

日本で唯一、天守閣と本丸が現存してるお城なんだってさ。

人生の先輩が、親切に教えてくれました☆

ちょっとの時間とお金があれば、オイラはまた旅をするよ。

Viva!思い出の高知!
ありがとう!!
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やたろー -
広島の山々 22:06

 こんばんは。
先週まで広島に滞在していました。
ちょうど豪雨が襲った頃で、とても貴重な経験が出来ました。

写真で観るより、実物ははるかに美しいです。

普段はおとなしい渓流も荒々しく流れていました。

プールのウォータースライダーみたいです!

滝みたいになっています。
登る時にツルツル滑りました。

 この辺りになると、もはや足を突っ込んだら流されてしまう程の水圧です。
自然の力おそるべし!
天然のスプラッシュマウンテンでした。

 この豪雨では沢山の地域で災害が起きてしまいました。
いろんな方から安否を気遣うメールを頂いた時、うれしかったです。
この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございます。
おかげさまで元気です♪
みなさんも夏バテに気をつけて。
おやすみなさい!

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by やたろー -
山歩き 21:36
 こんばんは☆
実は最近、広島に出稼ぎしています。
先日、鹿児島で起きたような土砂災害の対策で、渓流調査と崩落箇所を調べて砂防堰堤が処理できるか計算してハザードマップ等の資料にするという仕事です。
ただひたすら、測量士の方とふたりで地形図・オルソ画像(航空写真)・コンパスを頼りに毎日8時間、2mの紅白ポールを2本担ぎながら上り下りを繰り返す仕事です。
いわゆる3Kです。
ほんとに「きつい・汚い・危険」ですが、山が好きなので嫌だとは思わないです。
それに、5月頃から地元の山を登っていたおかげで、体力的には思っていた以上に余裕がありました。
ただ、長靴で歩きまわるので靴ずれがひどかったです…。
明日からは五本指靴下の上に、軍足(軍手の靴下版)を履いて行きます。

 それに渓流を辿って登っていくので、露岩の上を歩くとツルツル滑って…怪我だけには気を付けたいと思います。
天気は毎日良くはないのですが、フィルムカメラで撮りたいなぁと想わせる風景が沢山ありました。
(今気付きましたけど、沢山って沢と山って書きますね。)
倒木や岩石にきれいな苔がむしてて、「もののけ姫」の世界に迷い込んだみたいでした☆

 P.S.
実際に山を歩きまわって測量をしてみると、伊能忠敬(とそのお供)は、やっぱりすごいなぁ〜と痛感しました…。
明日からもぼちぼち頑張ります♪
おやすみなさい。
| | comments(2) | trackbacks(0) | posted by やたろー -
| 1/1 |